それほど時間は掛からない

1日から2日と覚えておこう

特に事情がない限りは、1日で工事が終わります。
それも数時間だけなので、仕事が遅れることはありません。
遠慮しないで、光回線に工事を依頼してください。
しかしあまりにも規模が大きかったり、ケーブルを通すために壁に穴を開けたりしなければいけない場合は、2日間の工事になるケースが見られます。
気になる人は、事前に工事の期間も教えてもらいましょう。

実際に光回線を導入する会社の内部を業者のスタッフに見てもらえば、正確な工事期間がわかります。
またトラブル防止のために、誰もいない状態で工事を進めることはできません。
必ず誰かがいる状態で、工事をしてもらってください。
1人でも会社内に残っていれば大丈夫なので、日程をチェックしましょう。

割り増しに料金になる場合

どうしても平日に工事をするのが難しかったら、土曜日や日曜日を指定してください。
休日でも、光回線の工事を受け付けてくれる業者が多いので安心できますね。
しかし休日に工事をする場合は、3000円ぐらい料金が割り増しになるので注意しましょう。
さらに日曜日と祝日は休みの業者も存在するので、事前に休みを調べておくことをおすすめします。

お盆休みや年末年始になるとほとんどの業者が休みになりますし、そのあとは依頼する人が多いので混雑します。
その頃に連絡すると、長く待たされるかもしれません。
なかなか工事をしてもらえないと困るので、混雑しないタイミングを狙いましょう。
早く光回線がある状態で仕事ができるよう、早めに依頼してください。


この記事をシェアする
TOPへ